ツアー2日目、目を覚ますと、布団と毛布で普通の寒さだったら、これで何とかなりそうな装備だったのだけど、それでも体が冷え切ってしまうほど、部屋は冷え切っていた・・・

震える体に鞭打って立ち上がると、今までの経験で、どうしようもなさそうな頭痛が僕を襲った。
この頭痛は、2日酔いからくるものだったのか?、寝不足から来るものなのか?、或いは、風邪を引いたからだろうか?。。。
いや、今思うと、全部複合したっぽい気がするな・・・汗

外に出ると、仄かに雪が・・・汗汗
あれ??もう3月だよなぁ。。。

台所では、朝から鯖寿司が用意されていた。
おっちゃんが張り切って早朝から仕込んでくれていたようだ!
僕は、そんなおっちゃんが大好きです!笑

写真一つ目を見てみて下さいよ!!
ね?超本格的で料亭みたいでしょ!!

その後、台所でおばちゃんとしばし歓談した後、温度調整可能な給湯器付きの五右衛門風呂にゆっくり入った。
給湯器はあくまでシャワーの為で、風呂釜は、しっかりと火を熾して暖める形で、風呂釜の表面は触れられない程の高温になる。
体の芯まで暖まると、いつしか嘘のように頭痛が消えていた。

その後、コタツのある部屋で、WBCの日本vs韓国を見ながら穴埋め式の漢字クイズなどした。
漢字クイズは、一人でやってると、なかなか穴が埋まらず、だんだんとイライラしてくるものだけど、何人かでやると、やっぱりサクサク進むなぁと思った。

皆も見たかもしれないけど、WBCの日本vs韓国は熱い試合だった!!
均衡を破った代打福留のホームランが口火になって、流れが一気に日本に傾いた瞬間は、今でもありありと思い出せる。
本当に、技術の差がほとんど無いって状況で、気持ちで勝った試合だったと思う。
何しろ物凄くスカっとした!!

野球を見ながら、おやつ的にお餅までも頂いてしまった。
おばちゃんやおばあちゃんの気遣いがマジで温かかった。
雪が本格的に降り始めた外の寒さでも問題にならないくらい、それは温かいものだった。

僕は、おっちゃんやおばちゃん、おじいちゃんやおばあちゃん、飲み屋のご主人に、ガウストを釣り上げる伝説の子供にまた
会いに行きたいと思う。
彼等は彼等で、それを切望していると思うし、最大限に僕等を歓迎してくれるだろう。

僕は、このそれぞれのニーズの合致に、かなりの可能性を感じる。
まだまだ漠然としているけどね。

お別れの瞬間はいつも切なさを伴うものだけど、この時はそんなでも無かったな。
また会えると思ったからかな。

一行は、夕方16時頃には車に乗り込み、次なる飲みの新天地、福井県へ向かったのだった。