何となく、ツイッターで、青春18切符の旅2008を簡潔に振り返ってみました。 

(1日目)(利用区間:大磯 – 小田原 – 大垣 – 野洲 – 相生 – 糸崎 – 広島 – 福山)ムーンライトながらの座席指定券をネットで譲ってもらったが、日付を間違えていたらしく、指定座席には既に人がいて、寝れず体力消耗の夜から出発したのを覚えている。 

(2日目)(利用区間:福山 – 三石 – 三ノ宮 – 大阪 – 新今宮)前日は広島で原爆記念館や路面電車などを観て、福山では友達とポニョの舞台となったと言われる鞆の浦に行ったりした。大阪の釜ヶ崎では三角公園の野宿者向けの炊き出しやドヤでの宿泊を体験した。 

(3日目)(利用区間:大阪 – 米原 – 大垣 – 浜松 – 静岡 – 富士 – 熱海 – 大磯 – 平塚 – 品川 – 目黒 – 東京 – 新宿 – 高崎)乗り換えで何時間も待たされたり、家に寄ったり、東京で声優・歌手の岩男潤子さんのコンサートに行った。 

(4日目)(利用区間:高崎 – 新潟 – 長岡 – 直江津 – 富山 – 高岡 – 富山 – 越中八尾 – 富山 – 呉羽)この区間の一番の目的は富山のライトレールを体験すること。自転車がただで借りれて街中観光も出来た。八尾町では「おわら風の盆」を堪能。 

(5日目)(利用区間:呉羽 – 富山 – 直江津 – 春日山 – 長野 – 甲府 – 高尾 – 八王子 – 橋本 – 茅ヶ崎 – 平塚)春日山では春日山城や大河ドラマ「天地人」の展示などを観て、長野からはバスで川中島の戦場跡まで行った。さすがにくたくたになって家まで帰った。 

かなり無茶な旅でしたが、とても鮮明に思い出に残っています。