「Lord of War」という映画を観たんだけど、同種の映画でこれ以上は出来ないと勝手に思っていた「Blood Diamond」に匹敵する素晴らしい映画だった。

映画の大部分は、クライマックスのシンプルで重大なメッセージへの「つなぎ」だった。

Lord of War(ロード•オブ•ウォー)を2回観て、やっと全貌が把握出来た。

この映画は、冷戦時代からソビエト崩壊後を生きたある武器商人の物語。

この人は、とんでもないワル。ウクライナ出身だと聞いて、最初、差別的に描いた映画なのかと思ったけど、クライマックスにすべてが覆された。

この映画の中では、主人公の武器商人の『今、世界では12人に1人が武装するという割合で武器が出回っている。

武器商人の関心ごとは、「どうやって残りの11人を武装させられるか?」になっている。』という台詞から始まる。

映画「ロード•オブ•ウォー」のメッセージ

  • あるウクライナ出身の武器商人は、子供がいても武器を売る。
  • どこかで知らない子供が撃たれるとしても武器を売る。
  • ソビエト崩壊を機と見て武器をかき集め、紛争地域に売りさばく。妻や子供が出ていき、両親が勘当し弟が撃たれて死んでも武器を売る。
  • 自分では手を汚さずに武器を売る。
  • 「アフリカの紛争地域では合法だ」と言って武器を売る。
  • 武器を売ればすぐに村人が絶滅させられると分かっていても武器を売る。

酷いと思う?

でも、アメリカは、たった一日で、その武器商人が一年で売る以上の武器を売っている。