ベネズエラで2002年に起きたクーデターで、アメリカ大統領報道官アリ・フライシャーは、「今回の混乱の責任はチャベス政権にあると考える。非武装のデモ隊が銃撃され多数の死傷者が出てしまった。それが引き金となって国民による暫定政権が発足した」と報道したが、これは全くのデマだった。 

アイルランドの番組制作チームが作成したベネズエラの革命に関するドキュメンタリー映画「The Revolution Will Not Be Televised」の内容がこのページで日本語でまとめられてます。「チャベス政権 クーデターの裏側」http://ow.ly/1A528y 

1998年に大統領として選出され、弱い立場にある人々に爆発的な人気のあるウゴ・チャベス大統領。マイノリティの声を丁寧に聞き、富裕層から富の還元をさせ、何も変わらないと半ば諦めていたマイノリティの人々の政治参加を活気づけた。 

チャベス大統領が、国有の石油会社をコントロールし、貧しい人々へ石油の恩恵を還元しようとした時に、国民が真っ二つに割れ、対立が起きた。貧しく弱い立場にある大統領の支持派と、石油関連で甘い汁を吸ってきた立場にある石油会社に近い経済界のトップの支持派。連日、双方で大規模なデモが起こり、銃撃戦も起きた。 

経済界のトップ率いる反政府派は、メディアで情報操作をし始め、アメリカのチャベス批判も追い風にして、あたかも大統領を悪者に仕立て上げた。両者の対立は深刻さを極め、やがて反政府派が「大統領が辞任しなければ、官邸を爆破する」と脅し始めた。大統領は、市民の犠牲を考え、爆破予告の5分前に現われ、拘束された。 

官邸は反政府勢力に乗っ取られた。唯一、チャベス大統領側だった国営放送も遮断され、反政府勢力に有利な民放が都合の良いように報道した。 

しかし、大統領は辞任しておらず、ただ拘束されていることを知ったチャベス支持派の平和的抗議は勢いを増し、官邸にて新たな政府の擁立を進める会議中も、数えきれないほどの人が官邸を囲み、チャベス大統領の復帰を叫ぶ声は会議の進行を不可能にした。その民衆の行動は歴史を変えた。 

反政府勢力が、あまりにも強大な民衆の声に恐れをなして逃げ出し、新政府の成立を断念したのだ。反政府勢力につき始めていた軍も、失われた国民の信頼を、チャベス大統領の元でもう一度構築し直す決意を語った。チャベス大統領を取り巻いていた議員も官邸に戻ってこれ、安全が確認されたところで、大統領も復帰した。 

例のドキュメンタリーでも証拠を示していたけど、確かに、チャベス支持派と反政府派で銃撃戦は起こったが、アメリカの報道官が言った「非武装のデモ隊が銃撃され多数の死傷者が出た」というのは、反政府派が情報を操作して報道した内容だ。アメリカが、いかに反政府派に肩入れして、邪魔なチャベス大統領をどさくさに紛れて倒そうとしていたのかがわかる。 

「The Revolution Will Not Be Televised」は、「革命はテレビでは報道されない」というような意味。ベネズエラで起こったような本当の革命はテレビでは放送されない。逆に、何度も繰りかえし放送されるのは、無残に民衆に嬲り殺されるリビアのカダフィ大佐の映像のような、先進国にとって都合の良いように仕組まれた偽りの革命。 

僕たち日本人は、きっと、遠い外国で起こっていることを、アメリカの歪んだレンズで見ている。