出来事Index

◇1次会・焼肉食べ放題

◇2次会・カラオケ・長渕剛・ハロプロ系・山嵐・中島みゆき・リンドバーグ・T-Bolan ・ユニコーン ・締めて5万円

◇井の頭クエスト(以下、「井のクエ」) ・悪の討伐の冒険をしたパーティの紹介 ・悪の根源の紹介 ・冒険の記録 ・番外編

——————————————————————–

◇1次会・焼肉食べ放題  昼に食べたチキンラーメンで胃がもたれていた(チキンラーメンは意外と脂っこい)  ホルモンは大量に注文するべきでない事を知った  アイス100個完食

 ◇2次会・カラオケ 2次会のカラオケはかなり僕の一人舞台気味で、みなさんには歌い辛い雰囲気にしてしまった事をお詫び致します・・・

・長渕剛⇒RUN、Captain of the Ship、巡恋歌と立て続けに入れたが、何れも途中で止められた・・・。Captain of the Shipはイントロで切られてしまったが、せめて一番目のサビまで歌わしてくれたら、このカラオケで一番の大爆笑が起こっていただろうなぁ。。。残念!!!!!

・ハロプロ系⇒モーニング娘。の「I Wish」と藤本美貴の「ロマンティック 浮かれモード 」を入れたが、これも途中で止められた・・・

・山嵐⇒Boxer’s Roadを入れたが、サビの「マウスピース飛ばす一撃ドン、1,2かまして脳震盪、えぐる腸怒りのブロウ、栄光への道Boxer’s Road」しか覚えてなく、他の部分はフリースタイル(栗田スタイル)ラップをしたが、例によって途中で切られた。

・中島みゆき⇒かの名曲「地上の星」をいれ、Noguti君も反応して熱唱を繰り広げたが、心に熱傷だけが残った・・・  ・リンドバーグ⇒「今すぐKiss Me」、、、僕の中では全く色褪せてないです。。。

・T-Bolan⇒「Bye For Now」を歌うが、酔っ払ってて、サビの「Oh Bye For Now まじじゃ言えない~けれど」の言えない~の伸ばしの最後の声が裏返るとこがうまく表現出来なかった・・・  ・ユニコーン⇒「ヒゲとボイン」、「服部」、「大迷惑」と勢いのある曲ばかりで、完全燃焼した。。。  ・締めて5万円・・・⇒全部で5万!?一人5千!!??完全にぼったくりですね・・・だから都会は嫌いです・・・

 

◇井の頭クエスト(以下、「井のクエ」) カラオケによって終電をなくした僕らは、「タクシー派(悪)」と「歩き派(正義)」に分かれ、それぞれ永福町に出発する事となった。 僕は、「歩き派」に属し、果てしない冒険をしてきた。 そこで、まずは勇敢にも悪の討伐の冒険をしたパーティを紹介しよう。

【Oh No。。。】(小野ちゃん)   職業:戦士(ライアン)   得意技:ヘアコンタクト

【Nyou。】(ローくん)  職業:勇者  得意技:愚痴

【Judas Criest。】(クリカニスト)  職業:僧侶  得意技:記憶喪失

【Tamosann。】(タムさん)  職業:魔法使い(というか魔女)  得意技:男勝りのタフネス

【Nogutti。】(野口くん) 職業:村人 兼 ファンタジスタ  得意技:置き去りパパ

 

そして、以下が悪の根源だ!!!

【JaMaDa。】 (やまさん) 職業:ラスボス  得意技:無茶修行

【JaMaDa。-no-Teshita。】  職業:モンスター(ドラキー、バブルスライム、彷徨う鎧(若武者)など)  得意技:多分それぞれある

そして、以下が僕等の冒険の記録である

【井のクエ一行】はまずは3次会に備える為、酒を取得しにギグアンに向かった。(午前1時半頃?)

【Nogutti。】 コマンド:「逃げる」。   【Nogutti。】はギグアンに”華麗に”逃げ込み、そのままギグアンの住人となった。

【井のクエ一行】は再び歩き出した。 が、散々迷って遠回りした上に、冒険開始から1時間以上経って、やっとスタートラインのカラオケ館に戻ったのだった。(午前2時半頃?)

【Nyou。】 コマンド:「愚痴」。   【Nyou。】の愚痴の応酬が始まった。   5万はありえねぇ。   ぜってぇ3万だったね。   5千払わなかったらCD買ってたよ。   道間違ってんじゃねぇかよ~。   ワイは猿や、、、   プロゴルファー猿や、、、    ・    ・    ・   結局、彼の中にストレスだけが追加された。

【Judas Criest。】 コマンド:「呪文」。   【Judas Criest。】は「ルーラ」を唱えた。   しかし、何も起こらなかった。   暫く悩んだ末、目的地までの唱え方を知らない事に気づいた。

【Nyou。】 コマンド:「話す」   【Nyou。】は交番で警官に道を尋ねた。   感じが悪いだの信用できねぇだの愚痴が尽きなかった。

【Oh No。。。】は、道端に咲いていた白い綿帽子状のたんぽぽを無残にも引きちぎり、その種を吹いた。 少年っぽさを狙っての行動と思われるが、向かい風だった為、彼はその種すべてを顔面に受けた。 【Judas Criest。】は歩道上で笑い転げて暫く立ち上がれなかった。

【Judas Criest。】コマンド:「歌う」   【井のクエ一行】の士気が落ちてきていたので、【Judas Criest。】は歌を歌い始めた。   ♪ランッランララランランラン、ランッランラララン、、ランランッランララランランランランララララランランラン・・・・・・・・・♪   その者蒼き衣をまといて金色の野に降り立つべし・・・   【井のクエ一行】は悲しい気分になり、さらに士気が下がったのは言うまでもない。

【井のクエ一行】は尚も歩き続け、ついに杉並区入りを果たした。

そして、遂には、念願のラスボスのいる永福町に到着。(午前3時半頃?)

【tamosann。】コマンド:「テレフォン」   【tamosann。】は、彷徨う鎧(若武者)にテレフォンをした。   幸運にも彷徨ってはいなかったようで、ラスボスの住処の住所を聞き出すことに成功。

【井のクエ一行】は聞き出した住所を元に改めて出発した。

【Judas Criest。】は若干動物ライクなバスの前で記念撮影をした。   【Judas Criest。】は、この時、「ホイミ」と同等の効果を得たが、僧侶の癖に呪文の唱え方(ホイミですら)をすっかり忘れていた。 【井のクエ一行】は、永福町到着から焼く1時間かかって、聞き出した住所に到着した。(午前4時半前)   アパートの全部屋の電気は完全に消えていた。  コマンド:「テレフォン」  反応なし。  皆、ずるいと思った。

【Oh No。。。】 コマンド:「目くらまし」。   【Oh No。。。】は徐に帽子を脱ぎ始めた。   凄まじい光が回りを照らしたが、敵は彼の周りにいなかった。   そこで始めて本当の敵は自分の中にいるのだと気づいたのだった。

【井のクエ一行】は、せめて悪戯して帰ろうとアパートのドアの入り口まで行った。  【井のクエ一行】は、このとき、ラスボスが用意した最大の罠に気づいた。   そこには、ドアが3連チャンで並んでいた。   1/3の確立だが、逆に考えると2/3の確率で、全く関係のない人に迷惑をかける事になるという事だった。。。

【井のクエ一行】は、すっかり戦意喪失し、始発までゆっくり出来るファミレスを探す事にした。 【井のクエ一行】は、警官に近くのファミレスを聞き、10分ほど歩いてロイホに到着した。

【Judas Criest。】と【tamosann。】は、ヘルシーそうな雑炊を頼んだが、味付けが超手抜き(コショウのみ)で、少なくとも【Judas Criest。】は頼んだ事を後悔した。

【Judas Criest。】と【Nyou。】:コマンド「仲間割れ」   【Judas Criest。】と【Nyou。】の間で、カラオケの時の格闘について口論になった。   【Nyou。】は、何の前触れもなく【Judas Criest。】が襲ってきたと言い張った。   【Judas Criest。】は、逆に、何かしらのきっかけがあって、それから始まったはずだと言い張った。   ただ、【Judas Criest。】はその発端を忘れていた。   さらに、【Judas Criest。】は「その時の僕はその発端を知っていたよ」と曖昧な証言を繰り返すだけだった。

【Judas Criest。】と【Nyou。】:コマンド「仲間割れ」   【Judas Criest。】と【Nyou。】の口論は尚も続いた。   【Nyou。】は「長渕はB’zと同じでファンは他を受け入れないよね」と言い放った。   音楽の師匠と仰いでいる人物を侮辱された【Judas Criest。】は、反撃に出ようと口を開きかけたが、やっぱり話が長くなるのでやめた。   その後も口論は続き、再び、長い話が始まりかけたが、【Judas Criest。】は何とかそれを抑えた。   だって、体力使うんだもん。(家まで帰る体力を残しておかなきゃね☆)

【Judas Criest。】は、このとき、完全に笑いの神を我が物にしていた。   それはまるで、ストリーミング再生されているので、何かのファイルをダウンロードしに行く必要が全くないという状況だった。(こちらからアクションを起こさなくても、勝手に落ちてくるといった感じ)   「超楽しそう」に見えるのも本当に楽しい時なのだろう。 【井のクエ一行】は、始発が走っている時間だという事を確認後、ロイホを出て駅へ向かった。(午前5時過ぎ) 【Nyou。】は永福町駅ホームにて死亡(就寝)が確認された。

番外編:1次会・焼肉にて 【Tamosann。】 コマンド:「呪文」。   【Tamosann。】は「メラ」を唱えた。   激しい炎が起こったが、せっかくの焼肉が焦げてしまった。