車を使わずに手頃な費用でどこまで自転車を運べるか?の挑戦

個人的にいろいろ変な拘りや挑戦があって、その一つに、「車を使わずに手頃な費用でどこまで自転車を運べるか?」がある。

もちろん、自転車を自力でこいで遠くまで行ってもいいし、バスや電車などの公共交通機関に乗せて運んでもいい。行った先でさらに自転車を乗り回せればいい。とすると、行った先で自転車をレンタルして乗り回すのもありかも?

On the bus

手頃な費用で自転車を遠くまで運べれば、多くの人の移動可能範囲が広がり、自動車の必要性が薄れていく。それが、より多くの人に「移動の自由」を保証する最も現実的な手段だと思うので。

車を使わずに手頃な費用で自転車をどこまで運べるか?の挑戦

①まずは、自力で自転車をこいで、これまで、湘南ー仙台間の往復(900km以上)と、神奈川県の全市町村を巡るサイクリングツアー(三浦市以外で約400km)と、ポートランドーセイラム間(約100km)。ただこれはお金がなくても出来るけど、相当の根性がないと出来ない。

②:ポートランドでは、自転車をライトレール(次世代型路面電車)やバスに積んで都市圏内を自在に移動する車要らずの生活だった。ライトレールには車内に自転車を縦に引っ掛けられる場所があり、バスには正面にそのまま乗せられる。普通は車で行くようなところでも、公共交通機関と自転車を駆使して果敢に移動してた。

③:サンフランシスコで自転車をレンタルして、カルトレインに乗せて移動し、途中、ライトレールに乗り換えてシリコンバレーを通ってサンノゼまで行って、そのレンタル自転車でサンノゼを観光した。移動距離は約77kmで交通費約1200円。自転車を分解しなくても乗せられたので助かった。

④:ポートランドーユージン間を自転車と共に移動。ライトレール(次世代型路面電車)、通勤列車、路線バス、Amtrak(長距離列車)という公共交通に自転車を乗せ、目的地も自転車で観光。一度も自転車を分解せずに済んだ。移動距離約200kmで交通費約2500円。

⑤:青春18きっぷを使って、折りたたみ自転車と共に湘南ー東北被災地を巡った。主なルートは湘南ー相馬ー石巻ー大槌ー花巻。その間、降りた駅で折りたたみ自転車を乗り回した。5linksの折りたたみ自転車を使えば、折りたたみ(開く時も)に要する時間はたった15秒くらい。移動距離は1500kmくらい(?)で交通費11500円+。

おまけとして…行った先で自転車をレンタルして観光したのは、横浜(baybike)、富山、堺、サンフランシスコ、ロサンゼルス、シンガポール、デンバー(B-cycle)、シカゴ、ミネアポリス(Nice Ride)。こういった形でも移動可能範囲は広がる。